日々雑感―槙野智章『尽力の証』

©Takehiko Noguchi

隠されていた本心

 今季限りでの契約満了を受けて実施されたオンライン会見の冒頭から言葉に詰まっていた。槙野智章が人前で涙を流す姿を見たのはおそらく初めてだった。

 彼は今回のオンライン会見で、自らについてこう語っている。

「こう見えて自信はあまりなくて、自分がやることによって自信を得てきました。人前に立って発言するということは、それだけのことをやってこなければいけませんし、見せていかなければなりません」

 語弊があるかもしれないが、槙野はあえて虚勢を張ることで退路を断ち、いわゆる有言実行の精神で自身を律して成長への道筋を見出していたのだと思う。

(残り 1943文字/全文: 2295文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »