日々雑感―関根貴大『自覚すべき者』

©Takehiko Noguchi

レジェンドたちが去る

 2021シーズンの浦和レッズは最終盤に入り、Jリーグ第38節の名古屋グランパス戦、天皇杯の準決勝・セレッソ大阪戦、そして決勝へ勝ち上がった場合は川崎フロンターレと大分トリニータの勝者との対戦を残すのみとなった。

 そして、来る2022シーズンはクラブが定めた『3年契約』の最終年で、チームはAFCチャンピオンズリーグへの参戦とリーグ制覇を目標に掲げる。その布石としてクラブは断続的に補強策を敢行するとともに、これまでチームを支えてきた選手たちの現役引退、もしくは契約満了がアナウンスされている。中でも今季限りでチームを離れることになった阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥の3人は長くクラブに在籍し、ピッチ内外で大きな影響力を及ぼしてきた選手たちだった。

(残り 2260文字/全文: 2676文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »