【サッカー人気2位】【試合分析】吉田 達磨監督の監督会見か…

アレクサンダー・ショルツがハードチャージ! 2022沖縄キャンプ・13日目/トレーニングレポート『守備のパシージョ』【島崎英純の眼】

©Uraken plus

シチュエーションの妙

 早朝から雨が降り注いでいた。クラブからは事前に午後練習のキャンセルが告げられていて、午前に絞って集中したトレーニングが行われることを予見させていた。

 リカルド・ロドリゲス監督は着実に、丁寧に、仔細に渡って自らが志向するチームスタイルの浸透を目論んでいる。コーチングスタッフとの共有はもちろんのこと、選手たちにも連日のミーティングとピッチ上での講義によって、その練度を高める作業が続いている。

 ロドリゲス監督はシチュエーショントレーニングを頻繁に行う。シチュエーショントレーニングとは特定のエリアと決められた人数で攻撃側、守備側のチームが対峙し、明確な狙いを持って単発的なプレーを繰り返す修練である。この日も選手たちへストレッチやリフティング、パスワークなどのウォーミングアップメニューを課した後、ハーフコートのエリアで片方にゴールを設置したうえで攻撃側6人、守備側10人のシチュエーショントレーニングが実施された。

 『今日は守備を念頭に置いたトレーニングだからね!』

(残り 2425文字/全文: 2944文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »