【コラム】改めて、2022シーズン前半戦のスケジュールを顧みる。その苦難の道程とリカバリーの必要性【島崎英純】

©Jun Kataoka

厳しかった前半戦のスケジュール

浦和レッズは61日の天皇杯2回戦・福島ユナイテッド戦を勝利で終えた後、国際Aマッチウィーク開催による中断期間を利用して1週間のオフを設け、昨日、68日からトレーニングを再開した。浦和の中断明け初戦は618日(土)、ホーム・埼玉スタジアム2002でのJリーグ第17節・名古屋グランパス戦となる。

クラブの公式ホームページには記載されていなかったが、我々メディアにはクラブから事前にトレーニングスケジュールの概要が告知されていた。そこには確かに福島戦翌日からのオフ日が記載されていたが、それが一週間の長期だったことには正直驚いた。シーズン中はフィジカルコンディションの維持が重要になる中で、あまりにも長い休息は逆に選手個々の体調のバイオリズムを崩してしまうリスクがあるからだ。

(残り 2038文字/全文: 2470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »