灼熱の一戦は両者譲らず、3連戦初戦はドロー【島崎英純】2022YBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第1戦・名古屋グランパス戦レビュー

©Takehiko Noguchi

浦和レッズは前節の川崎フロンターレ戦から6人の選手が入れ替わった。GKは西川周作に代わって鈴木彩艶。左右の両サイドバックは酒井宏樹と明本考浩に代わって宮本優太と大畑歩夢が立ち、センターバックは知念哲也に代わってアレクサンダー・ショルツが岩波拓也とコンビを組んだ。ダブルボランチは岩尾憲と伊藤敦樹という鉄板コンビだったが、左MFは関根貴大に代わって大久保智明、そして右MF1トップは川崎戦と同じくダヴィド・モーベルグと松尾佑介が務め、トップ下には江坂任に代わって小泉佳穂が入った。

(残り 3991文字/全文: 4315文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »