【サッカー人気1位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

【全国高校サッカー選手権大会】市立浦和『攻めて勝つサッカー』を体現するも、駒場の地で敗れる。

IMG_2528

第92回全国高校サッカー選手権大会3回戦
富山第一3-2市立浦和
(3-0)
(0-2)

昨日の2回戦に勝利した市立浦和は、富山第一高校と3回戦を浦和駒場スタジアムで戦った。昨日の1万人越えに続き、駒場にも10,379人の観衆が集まり、地元高校を力強く後押しした。

IMG_2331

昨日の試合から11番峰田を代えて、8番鍛治をセンターフォワードに、右ウイングには右SBの石神を上げて、右SBには24番行田を起用。ボランチも19番野澤から7番村上を起用。コンディションも考慮した上でメンバーを3枚代えて挑んだ。

試合は、序盤から積極的に攻める富山第一が試合のペースを握って試合を優位に進めた。池田監督も「我々は、攻めて勝つという中で、ゴールへの意識を強くもって、試合に入ったとは思うが、シュートを打つことが出来なかった。アタッキングサードにおいて、相手の選手の方がプレーにゆとりがあった。我々は一生懸命に行っているけれども、少し余裕が無かった。」と振返った。勢いそのまま17分に、富山第一の9番渡辺選手が市立浦和ディフェンスを振り切り先制点を挙げた。立て続けに攻める富山第一は20分にもスルーパスを裏で受けた25番西村選手がGKに倒されてPKを獲得。これを10番大塚選手が決めて追加点を奪った。さらに25分には、大塚のスルーパスを9番渡辺が裏で受けて3点目。怒涛の攻撃で富山第一が大きなアドバンテージを手にした。

市立浦和も冷静さを取り戻し、徐々にペースを握り返すもゴールまでは至らず。前半終了のホイッスルが鳴りかけた、ラストワンプレーで、8番鍛治がドリブル突破をすると、そのままゴールに叩き込み、1点を返し前半を終了した。

(残り 2416文字/全文: 3112文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック