『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

浦レポ by 浦和フットボール通信

【無料記事/河合貴子の試合レビュー】浦和のエース復活の兆し<吉良、吉田監督コメントあり>(2015/9/22)

今日のイチオシ!「浦和のエース復活の兆し」

大阪高槻戦は1-1の引き分けで終わった。不運な形で失点してしまったが、それ以外はしっかりとした守備を見せていた。自陣でのバックパスを狙われてピンチも招いたが、リスク管理が徹底されていた為に失点には繋がらなかった。高槻のキープレーヤーである丸山桂里奈選手は厄介な存在であったが、決定的な仕事をさせなかった。高槻が放ったシュートは、6本(前半3本、後半3本)であった。

吉田靖監督は「守備のやり方は、悪くなかった」と話すほど安定感を見せた。浦和が放ったシュートは、高槻の2倍の12本(前半6本、後半6本)であった。攻撃面に関して吉田監督は「ボールを取り切った後に、決定機な形で点を獲れなかった。もっと、もっと確実にボールを動かし、チャンスを作っても1点しか獲れなかった。もっと、もっと点が獲れたし、勝たなきゃいけないゲームだった」と厳しい口調で話した。そして、「後藤が怪我して、吉良を起用した。吉良自身の動きは、悪くなかったが、1点でも獲ってもらいたかった」と本音が吉田監督からこぼれた。

今シーズンの序盤は、ワイドのポジションで起用されていた吉良選手であったが、中断明けから本来のFWのポジションに戻った。しかし、試合出場の機会が無い中でやっと巡ってきたチャンスであった。「今日は、決定的なチャンスがあって勝たなきゃいけない試合だった。スタメンで入って、点を獲らないといけないって力んでしまった」と吉良選手は悔しそうに試合を振り返った。吉良選手は「中にスペースがあったが、当ててから崩せず、サイドのクロスも合わずに距離間が悪かった。ミドルシュートとか、もっと幅を広げて撃って行けば良かった」と反省しながらもゴールを狙い続ける姿勢を見せていた。浦和のエース復活の兆しが見えた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック