【サッカー人気3位】北関東ライター緊急座談会(後編)「緊急…

浦レポ by 浦和フットボール通信

槙野、2年連続のベストイレブン受賞「自分の中のDFの意識が評価された」

img_3032_r

(Report by 河合貴子)

槙野「守備に重きを置いてプレーしてきた」

2年連続3回目のベストイレブンを受賞した槙野智章選手は「この賞は、個人だけで獲れるものではない」と前置きをして「僕は、今まで攻撃的DFということで失点よりも攻撃で存在感を見いだして行きたいと思っていた。しかし、昨年と今年は守備のところで重きをおいてプレーをしてきた。失点数も格段に減り、自分の中のDFの意識、新しい変化の部分が評価された」と話した。

そして、クラブワールドカップでの鹿島の活躍を見て「悔しい気持ちがある中、試合を観ていた。大会を通して鹿島の選手がひとりひとり自信を持ってレベルアップしていく姿を見て本当に羨ましいと思っていた。自分たちが、鹿島に勝ってこの大会に出ることでどれだけレベルアップ出来るかという見方をしていた。最後は、鹿島を応援していたが、自分たちもこの大会に出てアジアに向けて、世界に向けて自分たちのチームもと感じていた」と本音を語った。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック