【サッカー人気3位】リスペクトせざるをえない川崎フロンター…

浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:【選手ミニコラム】コンディション万全!ラファエル・シルバ「浦和のユニフォームを着ることは誇り高いもの」


(Report by 河合貴子)

Jリーグ開幕戦に向けて100%問題ない!

沖縄2次キャンプ中に左足首捻挫で出遅れたラファエル・シルバ選手。怪我開けの復帰戦をACL・アウェイのシドニー戦と決めて準備をしてきた。ゼロックス杯・鹿島戦に出場出来る状態まで戻っていたが、試合に出場したい気持ちを抑えていた。そして、満を持してACL・アウェイのシドニー戦に途中出場ながら登場し、しっかりとゴールを決めて結果を残した。

ラファエル選手は「非常に嬉しく思った。初の公式戦で、ファーストシュートがファーストゴール。GKが逆に出るのは、分かっていた。敢えてニアを狙った」と満面の笑みを浮かべた。

「初めて試合でピッチに立たせもらったのは、名誉あることだ。浦和のユニフォームを着ることは、自分にとって誇り高いもので100%を出して、このユニフォームを着る意味を見せてあげたい気持ちだった」と浦和移籍後の初試合での思いを話した。

Jリーグ開幕となる横浜FM戦に向けて「90分集中することが大事。横浜は、クレバーなチームで守備的で困難を招いて来る。相手のシステムに合わせることなく、自分たちのサッカーをするために、攻守の切り替えを出来るだけ早くする。自分たちの出来ている要因を試合の中で魅せることが出来れば、横浜戦は上手くいく」と話した。

ワンツーも出来る連携が整っているチーム中で、相手の守備を剥がす策の1つに狭いスペースの中で打開するのに判断を速くすることをラファエル選手は心掛けて、自分自身のプレーの特徴でもあるスピードに乗った打開を上手く使い分けていく。

初めてACLで長距離移動も初体験となったが「経験として良い経験だった。飛行機の中でずっと寝ていた。コンディションも連携も問題無い。100%です」と自信たっぷりに笑った。ACLで結果を出した。次はリーグ戦でしっかりとゴールを決めて結果を出したいところだ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック