【サッカー人気1位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

浦レポ by 浦和フットボール通信

【選手ミニコラム】出場を虎視眈々と狙う、菊池大介「やっぱり試合に出たい。悔しい」

(Report by 河合貴子)

激しいポジション争いを覚悟しての移籍

居残り練習のランニングで武藤雄樹選手と青木拓矢選手がいつも肩を並べて走る姿は、大原で見慣れた光景でだった。だが、今シーズンから新たに長澤和輝選手と菊池大介選手の姿が加わった。試合に出場し続けていても、コンディションを維持することは選手にとって難しいことだ。だが、サイクルが決まっていれば調整はしやすい。その一方で、いつ試合出場の不確定要素が高くなると、コンディションを維持するのはもっと難しくなる。

菊池選手は「和輝とも出場機会がなかなか無い中で、切れやコンディションを自分で作っていかないといけないからね。プラスアルファーとして最後に走ったり、ボール触ったりしてやりたいねって話していた。和輝は千葉で試合にずっと出ていましたし、自分は湘南でほぼずっとでていた。今は我慢の時期で、チャンスを生かさないといけない時期。試合に出場しているときと、少しコンディションの部分で違ったところがある。自分の中で作っていかないと取り残される」と試合で闘うコンディションを維持するために同じ境遇の二人が揃って走っていたのだ。

浦和へ移籍を決めた時点で、菊池選手は激しいポジション争いが持ち受けていることを覚悟していた。

(残り 694文字/全文: 1225文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ