【サッカー人気3位】「リーグ再開の見通しがつかない中、クラ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

【大原練習場こぼれ話】練習開始前の真剣勝負で見せた興梠の賢さ

(Report by 河合貴子)

那須、李、ズラタン、興梠の真剣勝負

温かい春の日差しが降り注ぐ3月9日、午後2時過ぎから甲府戦に向けての練習が始まった。

練習が始まる前に、真剣な表情を浮かべて一列に並んでボールの行方を追う那須大亮選手、李忠成選手、ズラタン選手、興梠慎三選手の姿があった。

4選手は、ピッチに引かれたラインを利用して誰が一番ラインにボールを寄せることが出来るかを競っていたのだ。もちろん、ラインをオーバーしたりラインよりも一番遠い選手が負けである。ジャンケンで蹴る順番を決めて試合開始。

慎重派のズラタン選手は、ボールの勢いが弱い。強気の李選手は、ボールの勢いが強くてラインオーバーしてしまった。この時点で、李選手の負けが決まり興梠選手と那須選手はボールを蹴ることなく勝利。

(残り 342文字/全文: 681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック