『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

【選手コラム】重心低さが復帰の早さを物語る、梅崎司「復帰したら、新しい部分も魅せたい」

(Report by 河合貴子)

「夏頃の復帰を目指すが、1ヶ月くらい早いかも」

日だまりは暖かであったが、練習場を吹き抜ける風はまだ冷たかった。冷たい北風を吹き飛ばすように、ピッチの中で躍動し切れのある動きを魅せていたのは梅崎司選手であった。

矢島慎也選手からのグラウンダーのクロスを、ゴール中央で合わせてゴールへと流し込んだ。更には、フェイントで切り返しDFを置き去りにしてフリーで放ったシュートが決まった。

そして、DFの裏に飛び出して西川周作選手と1対1のシーンから、しっかりと駆け引きをして西川選手の逆を突くシュートがゴール右隅に決まったのだ。

ミニゲームであるが、ハットトリックだ!!守備面でも攻守の切り替えが早く、球際に厳しく身体を張ったプレーを魅せた。

(残り 637文字/全文: 964文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ