『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

【選手ミニコラム】決めきることが出来ずに悔やむ、武藤雄樹「チームにとって申し訳なかった」

(Report by 河合貴子)

あとは最後の部分だった

引き分けで終わったG大阪戦で、悔しさのあまり眠れなかった青木拓矢選手の話を聞いて「僕の方が、悔しかったと思っている」と話したのは武藤雄樹選手であった。

武藤選手は「途中からでるところで、その中で必ずワンチャンスは来ると思っていた。それを決めきるかだと試合に入る前から思っていた。その通り、チャンスは来た。決めていれば逆転までもっていけた。チームにとって申し訳なかった。試合を見ても、チャンスはうちの方が多かった。うちが、勝ってもおかしくない試合だった。結果的に見て、追いついて良かったと見れるが、僕たちは勝てるゲームだった」と悔しそうに話した。

(残り 1187文字/全文: 1483文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ