【サッカー人気1位】オルンガを手放しで絶賛してはいけない。…

浦レポ by 浦和フットボール通信

ゴールへの欲を抑えてラストパスを出したズラタン いつでも献身的に戦う紳士【轡田哲朗レッズレビュー/ACLグループステージ MD4上海上港戦】

轡田哲朗(取材・文)

今季ノーゴールの中で痛恨のシュートミス

浦和レッズが11日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で上海上港を1-0で破った決勝ゴールは、ラファエル・シルバによるものだった。しかし、そのシルバにラストパスを出したのがズラタンだった。

ズラタンには、この試合の開始1分も経たないうちに決定機が訪れていた。左サイドから宇賀神友弥がアーリークロスを入れると、シルバが右足で合わせた。これが、相手GKが飛びついても取れないコースへのゴールかと思われたが、ボールはゴールポストを直撃。その先にいたズラタンは押し込むだけという状況だったが、左足のシュートは枠を外れてしまった。

ズラタンにとって、悔恨の一瞬であったのは間違いない。試合後にそのシーンのことを問いかけても、まずは苦笑いをしてから話し始めたほど。「試合の初めですごく良いチャンスだったんだけれども、左足のシュートを外してしまって残念だよ」と振り返っていた。

(残り 1605文字/全文: 2014文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック