【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

浦レポ by 浦和フットボール通信

中盤の名コンビとなっている、猶本光と筏井りさ【選手コラム】

(Report by 河合貴子)

互いを思いやり、見事なバランスをみせている

攻守に渡りピッチの中央で縦横無尽に動き回る猶本光選手と筏井りさ選手。浦和レッズレディースの生命線とも言えるのは、この二人がコンビを組むボランチだ。

筏井選手がDFラインに吸収されてしまったら、中盤にスペースが生まれてしまう。また、猶本選手が前掛かりになりすぎて前線に吸収されてしまっても同じである。

攻守においてもこの二人のバランスが、チーム全体のバランスを左右すると言っても過言ではない。

0-3と敗戦を喫した日テレ戦であったが、1失点するまでは今シーズンの最高の出来だった。再三、日テレのゴール前を脅かし決定機を作り出したのだ。決定機を決め切ることができなかったが、浦和が主導権を握れたのは間違いなく猶本選手と筏井選手の絶妙なバランスがあったからだ。

猶本選手は「結果、最終的には0-3なんで・・・。でも・・・」と言いかけて「何か、悔しいですね」とポツリと言った。流れが良い中で日テレを仕留められなかったから、余計に悔しさが募る。

日テレは、長谷川唯選手と隅田凛選手、ベテランの阪口夢穂選手のトリプルボランチであった。中盤だけを見ると浦和のダブルボランチでは、数的不利のミスマッチとなってしまう。日テレ戦を前に、中盤の関係性を作っていこうと練習の中から取り組んでいたのだ。

(残り 1373文字/全文: 1941文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ