【サッカー人気3位】「立て続けの主力の移籍を選手はどう感じ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

苦しい展開をモノに出来ず、上位対決に敗れる【河合貴子 試合のポイント/2017明治安田生命Jリーグ第13節柏戦】

(取材・文)河合貴子

連戦の闘い方で挑むも

ACLラウンド16、済州戦で120分も闘った浦和、一方の柏は敗退が決まっていたYBCルヴァンカップで主力を温存。両チームのコンディションの差は明らかであった。

浦和は、体調不良で済州戦を欠場した宇賀神友弥選手が復帰、高木俊幸選手を今シーズンのリーグ戦初スタメンで起用した。浦和は、フレッシュな選手はこの二人だけであった。

また、浦和のスタメンの平均年齢は熟練された28.82歳に対して、柏は24.18歳と若い。熟練の浦和vs若い柏の上位対決となった。

夕闇が日立台を静かに包み込み、カクテル光線に照らせたピッチの中で熱い闘いが繰り広げられた。しかし、軍配が上がったのは、最後まで前線から激しくプレスを掛け続けた柏であった。浦和は、日立台で0-1の惜敗。柏の連勝を止めることができず暫定とは言え6位に交代してしまった。

試合のポイントは、コンディションのハンディがある中での闘い方である。

(残り 2262文字/全文: 2671文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ