【サッカーパック人気2位】 残り10試合に向けて巻き返しを誓う大﨑淳矢「この状況は誰かが悪いのでは…

浦レポ by 浦和フットボール通信

矢島慎也が天皇杯の出場に込めた思いとは【選手ミニコラム】

(Report by 河合貴子)

このチームにはないミドルを見せたい

「もう~行くしかない!」

矢島慎也選手は、天皇杯2回戦・グルージャ盛岡と対戦を前に闘志を見せた。

2015年、試合出場機会を求めてファジアーノ岡山へレンタル移籍し、2年間ボランチでピッチの中央で君臨してきた。昨年は、リオデジャネイロオリンピックにも出場した。浦和でも充分に闘える選手に成長して、満を持して今シーズン浦和に戻ってきたのだ。

しかし、浦和で矢島選手を待ち受けていた現実は、そう甘いものではなかった。ベンチ入りできた試合は、12試合でそのうち途中出場はたったの3試合。出場時間は、わずかに50分であった。だからこそ、天皇杯のピッチで存在感を出していきたいはずだ。

(残り 1056文字/全文: 1370文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック