【サッカー人気2位】新型コロナ対策 日独サッカー界の違いと…

浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作、ドルトムント相手に魅せたいプレーとは

(Report by 河合貴子)

どんな苦境に追い込まれても笑顔を絶やさずに立ち向かう

「世界の選手と対戦できることは、そうないことだ。リーグ戦もACLの闘いもまだまだあるので、良い自信を取り戻す機会だ。失点が続いているが、無失点にする切っ掛けをドルトムントで掴みたい」と西川周作選手は意気込んだ。

そして「クラブワールドカップで海外のチームと対戦したことはあるが、ヨーロッパのチームと対戦することはなかなかない。大事な機会を思いっ切り楽しみたい」と笑顔をみせた。

西川選手は、このドルトムント戦で先日新しくしたキーパーグローブと同じグラデーションのニュースパイクでコーディネートして挑む。

「このコーディネート良いよね~」と満足に笑ったのだ。気持ちを上向きにして、ドルトムント戦でしっかり無失点で押えていくイメージを作っていたのだ。

(残り 647文字/全文: 1007文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック