【サッカー人気3位】少ない観客だからこそ現れる浦和らしさと…

浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:浦和の練習を真剣に見ている謎の外国人は誰だ?!【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

休みの束の間の時間に、敵情視察!?

天皇杯・3回戦の熊本との対戦から中2日でJリーグワールドチャレンジ2017・ドルトムント戦に挑む浦和。7月は、広島戦から始まりACLの影響で延期になっていた川崎戦など過密日程が続いている。

Jリーグは、第18節を終了した時点で約3週間の中断の期間となり、リーグ後半戦に向けて各チームは準備をしている状況である。溜まった疲れを取るために、短い間だがリフレッシュしているチームも多い。

その中、ドルトムント戦に向けた浦和の前日練習をファン・サポーターに混じって、じっと見つめる1人の外国人がいた。

サングラスを掛けているが、誰だか分かりますか?

そう、大宮のネイツ・ペチュニク選手でした。大宮は、天皇杯・3回戦の愛媛戦後に2連休になっていた。連休明けには、ファンフェスタが開催され、そのあとリーグ後半戦に向けて嬬恋キャンプとなる。

ペチュニク選手は、貴重なオフに浦和のファン・サポーターと一緒にスタンドに腰掛けて浦和の練習を観ていたのだ。

ペチュニク選手が浦和の練習を観て何を感じ取ったのかは定かではないが、絶対に何かを感じたはずである。熱心に見つめるその姿からサッカーに掛ける情熱が感じられた。大宮とのさいたまダービーがまた楽しみになった。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック