浦レポ by 浦和フットボール通信

苦悩の西川周作 スーパーセーブが減ったその原因はどこに【轡田哲朗レッズレビュー/明治安田生命Jリーグ第22節C大阪戦】

(取材・文)轡田哲朗

笑顔の消えた守護神に去来した申し訳なさ

「レッズサポーターの凄さをいつも感じさせてもらっていて、大阪までこんなにたくさんの人が来てくれていたことに心を打たれていたのに、前半であれだけの失点をしてしまって申し訳ないし、悲しい思いをさせて帰らせてしまって・・・」

厳しい結果に終わった試合の後でも、サポーターに少しばかりの笑顔を見せて手を振ることが少なくない男が、ピッチレベルから地下のロッカールームに引き上げる間際、「ごめん」という気持ち、思いを表現するかのように手を挙げ、頭を下げた。22日、首位のセレッソ大阪とアウェーで臨んだ一戦は、勝ち点9差を6にできるか、維持できるか、12になってしまうかのゲームだった。

西川はサンフレッチェ広島時代にリーグ優勝を経験している。そのうち、2013年のものは逆転優勝という形で話題になった。その経験を持つだけに「9ポイント差はひっくり返せる」という自信を語りながらも、このセレッソ戦の重要性を話していた矢先だ。「入りを大事にしようと話していたところで・・・」と、表情は暗い。

昨季は普通だったものが、良いプレーに見える

(残り 1607文字/全文: 2092文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ