【サッカー人気4位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

浦レポ by 浦和フットボール通信

これがペトロヴィッチ監督の最終手段なのか・・・。【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

今週は2日間、2部練習で追い込んだ

何としてでも悪い流れを断ち切りたい。7月になって、広島戦で遠藤航選手をボランチで起用、川崎戦では4DF、C大阪戦では武藤雄樹選手を外してズラタン選手を先発で起用。悪い流れを断ち切るために、苦悩する指揮官の姿が浮かび上がる。

チームが上手く行っている時は、不動のスタメンで安定した闘いを魅せていた浦和だが、狂いだした歯車を止めることができないまま7月最後の試合となる札幌戦を迎えることとなった。

(残り 1121文字/全文: 1347文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック