『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

柏木陽介が監督解任を悔やむだけではなく前を向いた、その思いとは

(Report by 河合貴子)

札幌戦の後にサポーターがくれたコールにも感じるものがあった

監督解任から1日のオフで気持ちを切り替えて、暗く沈みがちなチームを明るい笑顔を見せて、前向きな良い雰囲気を作ろうと柏木陽介選手は奮闘していたひとりである。

柏木選手は「監督がいなくなって、悲しいと言うよりも自分の不甲斐なさを感じる。頑張ってなかったわけでは無い。一生懸命やってきた思いはあるから、この練習までに気持ちを切り替えようときた。堀さんと一緒に何か大きな物を成し遂げられるようにやっていく」と力強く話し、週末のさいたまダービーとなる大宮戦に向けて照準を合わせていたのだ。

(残り 1437文字/全文: 1718文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ