Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

堀監督初陣は守備の意識付けはできたが、ミスによる失点でダービーで勝利ならず【河合貴子 試合のポイント/明治安田生命Jリーグ第20節大宮戦】

(取材・文)河合貴子

「勝たないといけないゲームだった」と阿部

スタジアム入りするチームバスを、浦和を愛する人々は力強いチャントで出迎えた。選手たちにも、この熱き思いは届いていたはずだった・・・。だが、願いは虚しく2-2の引き分け。改善が見えた部分と勝ちきれない脆さが見えた試合であった。

「1-0で終わらせないといけないゲーム。最初の1点が重要だと思っていたし、ゼロでいくと言うのが今日の試合の大事なところだった。そのあと、何とか1点獲って2-1した。みんなが、前を向いてやって来た成果が出た試合だったと思う。そこから、勝ちきらないといけない課題がある。う~ん。改善できたところはもちろんあると思う。結果として勝たないといけないゲームだった」と悔しさを滲ませて話す阿部選手のコメントが、この試合の全てを物語っていた。

立ち上がり大宮が攻勢を掛けてきたが、浦和は中を閉めてシュートを撃たせない守備から徐々に流れを引き寄せて、ゲームを支配していったのだ。大宮は、基本4-4-2であるが、関根貴大選手を岩上選手がケアーする形で5-3-2と守備ブロックを作り、浦和がゲームを支配しはじめると5-4-1と更に守備を固めてきたのだ。

(残り 2404文字/全文: 2911文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック