【サッカー人気4位】残留争いしているチームには見えない徳島…

浦レポ by 浦和フットボール通信

それぞれの試合前日、浦和と川崎の違い

(Report by 河合貴子)

準備の仕方はクラブによって様々

ACLの試合前日練習は、試合会場を使用することができる。試合会場で練習をすることにより、ピッチコンディションを確認することもできるし、アウェイの場合は練習場を手配しなくて済むし、宿泊施設から移動距離の確認もできる。

だが、今回の浦和の対戦相手は川崎だ。連戦を考慮して敢えて浦和は、試合会場となる等々力陸上競技場で練習をしないで大原で午前中に規定の15分間、公開した練習を行った。そして、ゆっくりと選手たちは試合に向けた準備を行い午後に川崎へと向かったのだ。これは、普段のリーグ戦でアウェイに挑む時と同じであった。

(残り 807文字/全文: 1091文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ