【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

浦レポ by 浦和フットボール通信

ACL準々決勝・第1戦の川崎戦に掛ける菊池大介の思いとは

(Report by 河合貴子)

リーグ戦では出場できなかった悔しさをぶつける

「キツイ感じはない。これが自分の中でのスタンダードだ。連戦は慣れている」と笑ったのは、菊池大介選手であった。

菊池選手は、湘南時代にJ2を経験している。試合数がJ1より多いために、過密な日程を熟した経験がある。だが、それ以上に左のワイドのポジションを自分のものにするためには、この連戦でしっかりと結果を残したい思いも強いのだ。

リーグ・FC東京戦から中3日で迎えるACL準々決勝・第1戦川崎戦。しかも浦和が、1-4で大敗した相手だ。その等々力陸上競技場のピッチに菊池選手の姿は無かった。ベンチにも入ることも許されず、何もできない自分自身がいたたまれなかったのだろう。

自分がピッチに立っていたら・・・。そんな思いをぶつけるように菊池選手は「優勝するために、勝つしかない!Jリーグで大敗しているし、自分はTVで見ていた。そこに居ない悔しさや負けた悔しさはまだ残っている。あのような状況になりたくないって思っている。しっかり勝ちにいきたい」とリーグの川崎戦でメンバー外だった煮えたぎるような悔しい思いを語った。

(残り 776文字/全文: 1262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ