本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

高木俊幸と槙野智章が、ピタリと息を合わせることとは・・・【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

同サイドでプレーする二人がイマジネーションをあわせる

選手同士が、コミュニケーションをとることは非常に大切なことだ。コミュニケーションをとって、同じイマジネーションでプレーをすることができれば攻守に渡り連動性が生まれる。イマジネーションが違うとミスパスや守備のズレが生じてしまうのだ。

柏戦から採用された4-1-4-1システムの同サイドでプレーする高木俊幸選手と槙野智章選手が、鳥栖戦の前日練習後に身振り手振りで話し合っていたのだ。

(残り 547文字/全文: 775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック