監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

ACL決勝に向けた視察を終えた、分析担当山田コーチのアル・ヒラルの印象

(Report by 河合貴子)

西アジア屈指の強豪クラブ

アジアでも攻撃力を誇る上海上港に完封勝利をおさめて、ACL準決勝突破を決めた浦和。

アジア王者を目指し、決勝の舞台で対決する相手は、ACL準決勝をイランのペルセポリスと対戦し第1戦を4-0、第2戦を2-2で準決勝突破を決めたサウジアラビアのアル・ヒラルである。

アル・ヒラルは、グループステージを3勝3分けで突破を決め、決勝トーナメントでは4勝2分けと無敗で勝ち上がってきている。

準決勝を視察した分析担当の山田栄一郞コーチは、「ACLの試合見てきたよ」と声を弾ませて「アル・ヒラル、強いよ」と身を引き締めて話し出した。

(残り 581文字/全文: 864文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック