『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

キャリア初のリーグ20得点を達成 興梠慎三による全ての期待を背負う覚悟は【轡田哲朗レッズレビュー/明治安田生命Jリーグ第30節G大阪戦】

(取材・文)轡田哲朗

5年目に入った柏木とのホットライン

最後の最後での失点がなければ、最高の形で終われたはずだった。浦和レッズ対ガンバ大阪のゲームは、後半アディショナルタイムに至るまで浦和が3-2でリード。得点王を争っている興梠慎三が3点目を決めて勝ち越し、勝ち点3とエースの20得点が同時に達成できる幸せな結末を迎えるまで残り数分だった。

しかし、現実は厳しいもので、コーナーキックからガンバに同点ゴールを許して3-3で引き分けてしまった。興梠は「こうやって追いつかれてしまうのもサッカーかなと。仕方ないで終わらしちゃダメなんですけど・・・」と、勝ち切れなかった無念さを語った。

(残り 1787文字/全文: 2075文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ