【サッカー人気2位】「クラブ寝耳に水」の意味がちょっと違っ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

意外にも敏感肌!?福島春樹の苦悩【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

痒みと闘いながら好プレーを魅せる

リーグ制覇を狙う鹿島に敗戦を喫したが、すっかり気持ちをACLモードに切り替えて決勝に向けて本格的な準備が始まった。

変則的であるが、3グループに分かれて行われたミニゲームでしっかりとゴールを死守し、相手の決定機を潰していたのは福島春樹選手であった。

ゴール前に飛び出すタイミングも、シュートストップもなかなか良いパフォーマンスを魅せていた。さらに、コーチングも「モリ~サイド!大外が1枚空いている」「中締めて、締めて、獲る!」などと的確な指示も出していた。

(残り 411文字/全文: 667文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック