【サッカー人気2位】Jリーグ再開の祝賀ムードに取り残されて…

浦レポ by 浦和フットボール通信

槙野智章が、積年の思いをこの1戦に掛ける。第1戦を受けての明日の狙いは?

(Report by 河合貴子)

自分たちらしく、どうすれば最高の結果が出せるか

「自分たちらしく、どういうことをすれば最高の結果が出せるのか確認をした」と考え深そうに槙野智章選手は話し出した。

そして「第1戦は、自分たちらしくない闘いだったと思う。少し相手を掴むのに時間も掛かった。本来の自分たちの姿ではない退いて守る闘いになってしまったが、最低限の結果を得て浦和に帰ってくることができた。25日の試合は、自分たちらしく今まで積み上げてきたも、そして第1戦とは全く違うチームになった戦いができると思っている。第1戦を終えて、自分たちはまだまだできると思っているし、多少スコアとか優位に働いているが、どうしたら良い結果を得られるかを最優先に考えて、しっかりとプレーができれば良い」と胸を張った。

(残り 1146文字/全文: 1488文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック