0‐7の処方箋(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

「今日ダメなら浦和にいられない・・・」 宇賀神友弥の思いと覚悟【轡田哲朗レッズレビュー/ACL決勝第2戦アル・ヒラル戦】

 

(取材・文)轡田哲朗

初戦で狙われ、それでもスタメン起用への思い

「正直、少し泣きそうになっちゃったんですよ。本当に興奮すると涙が出るんだなって」

埼玉スタジアムのトルシエ階段からピッチに足を踏み入れた瞬間、宇賀神友弥の前には圧倒的なビジュアルサポートの光景が広がっていた。25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第2戦、アル・ヒラル(サウジアラビア)との一戦は、文字通りの死闘になったが、その幕開けにはふさわしすぎるような風景だった。

スターティングメンバーが発表された時、誰もが予想を覆されたのが最終ラインだったのではないだろうか。第1戦が出場停止だったマウリシオがセンターバックに戻り、槙野智章が左サイドバックに入ると予想されてきた。自分もその一人であったことを隠そうとは思わない。それくらい、第1戦で宇賀神のサイドに入ってくるロングボールが脅威を与えていたからだ。

(残り 1576文字/全文: 1969文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ