【サッカー人気1位】秋葉忠宏監督「ゴール前の執念が少し足り…

浦レポ by 浦和フットボール通信

チャンスを活かせなかった若手選手たちが悔やんだこと【河合貴子 試合のポイント/明治安田生命Jリーグ第33節川崎戦】

(取材・文)河合貴子
今シーズンのJリーグ優勝の行方を握った1戦は、ほんのちょっとしたことが命運を分ける結果になってしまった。浦和に勝ち、優勝へのわずかな望みを繋げたい川崎が、14分に浦和の一瞬のミスを突き、家長選手のクロスを小林選手が身体を投げ出しながら決めたゴール。これが決勝弾となり0-1。浦和は、最後はパワープレーでゴールを狙うも1点が本当に遠い試合になってしまった。

遠藤のアンカー起用に堀監督も評価

試合のポイント、1つ目は試合出場の機会がない選手たちが、リーグ優勝を狙う川崎相手にどのようなパフォーマンスで結果を出すことができるかであった。

(残り 2055文字/全文: 2329文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ