『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

レッズOBでもある、秋田の杉山弘一監督が最優秀監督賞を胸に決意したこととは


(Report by 河合貴子)

祝J3優勝!レッズでの経験も貴重だった

今シーズンを締めくくる2017Jリーグアウォーズ。1年間死力を尽くして闘った監督をはじめ選手たちの労をねぎらい、また栄誉を称えさまざまな賞が贈られた。

最優勝監督賞は、もちろん川崎を21勝9分4敗の成績でJ1リーグ優勝へと導いた鬼木監督が受賞。そして、今シーズンから新たに設けられた最優秀監督賞では、J1からリーグ3位(19勝6分け9敗)であったが、YBCルヴァンカップでクラブを初優勝させたC大阪のユン・ジョンファン監督が受賞。アジア最優秀監督の栄誉を獲得した堀監督だが、リーグの成績が7位では選出されることはなかった。

また、J2では、24勝11分け7敗でJ1復帰を優勝して決めた湘南のチョウ・キジェ監督。J3からは、最終戦で優勝を決めた秋田の杉山監督が最優秀監督賞を受賞した。

J3優秀監督賞は、杉山弘一監督

(残り 1117文字/全文: 1572文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ