『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

浦和が初戦で対戦するアルジャジーラを分析 攻守におけるポイントはどこか【轡田哲朗分析】

Embed from Getty Images

(Report by 轡田哲朗)

攻撃の特徴はサイドからのインサイドプレー

浦和レッズはアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるFIFAクラブワールドカップ(CWC)の初戦となる準々決勝で、開催国代表のアルジャジーラと対戦することが決まった。6日にオセアニア王者オークランド・シティ(ニュージーランド)に1-0で勝利したゲームから、アルジャジーラの特徴と浦和が狙うべきポイントを挙げてみたい。

ゲーム展開がほぼ一方的にオークランドが支配し、アルジャジーラが守って耐える中で偶発的なミドルシュート一発で勝利したゲームだった。それだけに、アルジャジーラの攻撃パターンは掴みづらい。それでも、前線で特徴があったのは両サイドアタッカーのインサイドプレーだろう。

右サイドのハルファン・アレッジ、左サイドのロマリーニョは共に逆足のサイドアタッカーと言われる、ピッチの内側の足が利き足のプレーヤーだ。彼らはボールを持った時も見方からボールを引き出す時も、中央方向にプレーする傾向が強い。彼らが中央方向に緩いドリブルでボールを運び、全体が逆サイドに向けて流れたところで、サイドバックを上げてくるというパターンが数回あった。浦和が4-1-4-1システムで守ろうとすると、アンカーの横のスペースに入り込まれてサイドバックとボランチの間でマークの受け渡しがハッキリしなくなる危険性がある。ここ最近、板についてきている守備時には4-4-2に変化するシステムの方が、問題なく守ることができそうだ。

(残り 1177文字/全文: 2079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ