浦レポ by 浦和フットボール通信

「来年も、その先も」 決意の2ゴールを決めたマウリシオが見すえるもの【轡田哲朗レッズレビュー/FIFAクラブワールドカップ5位決定戦カサブランカ戦】

Embed from Getty Images
(取材・文)轡田哲朗

ミドルとセットプレーから2ゴールで勝利に導く

浦和レッズはアラブ首長連邦(UAE)で開催されているクラブワールドカップで、現地時間12日の5位決定戦でウィダード・カサブランカ(モロッコ)に3-2で勝利して、今季の最終戦を終えた。

このゲームでは、少し久しぶりにマウリシオがセンターバックに入り、阿部勇樹とコンビを組んだ。すると前半18分、右サイドに攻撃の起点ができたところでマウリシオはスルスルと前方のスペースに進出した。約30メートルの距離から右足を振り抜くと、絶妙なコースに飛んだボールは、必死に飛びつくGKの手の先に飛び込んで先制ゴールになった。これが、貴重な先制点であり、今大会における浦和の初ゴールになった。

(残り 1439文字/全文: 2030文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ