【サッカー人気5位】【コラム】リーグ再開で重視したいプレー…

浦レポ by 浦和フットボール通信

「レッズレディースでとても充実した時間を過ごすことができました」浦和レッズレディース 筏井りさ 現役引退


筏井りさ選手(29歳)が2017シーズンをもって、現役を引退することが発表された。

プロフィール
【選手名】 筏井 りさ IKADAI RISA
【生年月日】1988年8月12日生まれ(29歳)
【出身地】神奈川県
【ポジション】MF
【サッカー歴】東小倉チェリーズ・川崎ウイングスFC→大和シルフィード→鳳凰高校→筑波大学女子サッカー部→ジェフユナイテッド市原・千葉レディース→浦和レッズレディース(2016シーズン加入)
【代表歴】U-17日本女子代表、ユニバーシアード日本女子代表
【出場記録】
公式戦通算 181試合出場 26得点
<内訳>リーグ 131試合出場 15得点、リーグカップ 32試合出場 5得点、皇后杯 18試合出場 7得点
レッズレディースでの公式戦通算 57試合出場 7得点
<内訳>リーグ 34試合出場 4得点、リーグカップ 19試合出場 2得点、皇后杯44試合出場 1得点

コメント

「2017年シーズンをもって、引退することに決めました。レッズレディースでは2年間プレーをさせていただき、短い間ではありましたが、とても充実した時間を過ごすことができました。それはチームメイト、クラブスタッフをはじめ、レッズレディースに関わる全ての方々、ファン・サポーターの皆さまのおかげだと思っています。
これまでのサッカー人生で、たくさんのことを経験し、たくさんの方々と関われたことで、サッカー選手として以上に、人として成長させていただきました。
これからはサッカーを通じて学んだことを、次の人生に活かしていきたいと思います。たくさんの人たちが思いを懸けてきた伝統あるチームでプレーすることができたことを嬉しく思います。本当にありがとうございました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック