浦レポ by 浦和フットボール通信

小学生の山田直輝と交わした2つの約束【選手コラム】


(取材・文)河合貴子

あの日の約束を、決して忘れない

あの怪我さえなかったら山田直輝選手のサッカー人生は、もっと輝かしいものになっていたに違いない。2010年1月6日、アジアカップ最終予選・イエメン戦での悲劇が発端であった。悪質なプレーで右腓骨骨折をして全治約3ヶ月と診断され、リハビリ生活を余儀なくされてしまった。

そして、ようやく復帰したかと思えばシーズン2度目となる右腓骨骨折でまたもや戦線離脱。これからという輝かしい未来が、長期離脱で苦しむプロ2年目であった。

1年目は公式戦26試合出場していたが、わずか4試合(リーグ戦3試合。カップ戦1試合)だけの出場であった。

怪我から復帰した山田選手は、自身の持っている輝きを取り戻すかのように、練習中から豊富な運動量に拍車をかける山田選手であったが、この1年間のブランクは大きかった。

だが、逆境を乗り越えて少しずつ本来の姿を取り戻し始めた。山田選手には、大きな夢があったのだ。ロンドンオリンピック出場だ!

「ワールドカップは、4年に一度やってくる。オリンピックも4年に一度だが、年齢制限があるから一生に一度なんだよ。浦和で結果を残し、認められてU-23日本代表としてロンドンにいく」と目を輝かせた。

しかし、またもや山田選手に悲劇が訪れた。2012年3月20日、ナビスコ杯仙台戦で左膝前十字靱帯損傷。全治約6ヶ月。ロンドンへの夢が途絶えた・・・。

苦しいリハビリ生活であったが、復帰してから山田選手はもっと苦しむことになったのだ。試合で闘うフィジカル面はもちろんであるが、何よりも思い描くプレーと実際のプレーとのギャップは計り知れないものであった。

(残り 1570文字/全文: 2262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ