【サッカー人気5位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

浦レポ by 浦和フットボール通信

チーム最年長のベテラン平川忠亮がポジション争いをしながらサイドバックの経験も伝える


(Report by 河合貴子)

伸二がミシャサッカーにどう嵌まるのかが楽しみ

かなり身体を追い込んだ沖縄一次キャンプの前半を終えて、選手たちには心身共にリフレッシュするオフがやっと1日だけ与えられた。

チーム最年長である平川忠亮選手は、このオフを清水市立商業高校サッカー部のプチ同窓会で過ごしていた。同じ金武町でキャンプする札幌の小野伸二選手と、沖縄SVに所属する池端陽介選手と会っていたのだ。

「池端に車を出してもらって、3人でぼちぼちドライブして海に行ったり、沖縄そばを食べたりした。高校の同級生が、沖縄に集まるなんてなかなか無いし良い時間だった」と嬉しそうに笑った。気心が知れた友人と過ごした時間は、格別な一時であった。

(残り 1185文字/全文: 1493文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ