浦レポ by 浦和フットボール通信

闘う身体になるために食事にも気を遣う【こぼれ話】


(Report by 河合貴子)

チームは2次キャンプに突入

沖縄1次キャンプが終了したと思ったら、戦術的な練習に重きをおいた沖縄2次キャンプがすぐに始まった。選手たちのキャンプ中の疲れを癒やしてくれるのは、やはりお風呂と食事であった。

沖縄1次キャンプの宿泊施設には大浴場があり、部屋の狭いユニットバスではなく、同部屋の選手と連れだってゆっくりとお風呂に入りに行ったりしていた。おそらく沖縄2次キャンプの宿泊施設でも大浴場でリラックスした一時を過ごしているだろう。

また選手たちの食事は、ホテルでバイキング形式である。バイキングといっても、やはり選手たちの食事はしっかりと管理栄養士さんが考えたメニューになっている。そこで、選手たちは自分の身体と相談しながら食事を取るのだ。

(残り 798文字/全文: 1130文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ