浦レポ by 浦和フットボール通信

川崎とのトレーニングマッチでは「興梠孤立問題」に光明が見える【浦和レッズ沖縄2次キャンプ4日目レポート】


(Report by 轡田哲朗)

コンディションの差が出るも1本目はゲームを制圧

浦和レッズは沖縄二次キャンプの4日目となったこの日、ごさまる陸上競技場で川崎フロンターレと、このキャンプでは初の対外試合を行った。1週間後にゼロックス杯で公式戦がスタートする川崎は、この日がキャンプの最終日。一方で浦和の公式戦開幕は3週間後であり、その違いをはっきりと認識した上で見るべきゲームだった。

45分3本の形式で行われた試合は、浦和は2本目の25分のところで5人を入れ替え、3本目は1本目からピッチに残っていた6人が全て退いた。つまり、90分プレーした選手、70分前後のプレーになった選手、45分のプレーに留めた選手という3つのグループができたことになる。この辺りは各選手のコンディションによる部分も大きく、単純に現状のベストメンバーが1本目であるとも言い切れないだろう。その中で、3本目に出場した森脇良太がわずか5分ほどのプレーで右太もも裏を痛めて交代になってしまったのは残念だった。前日の紅白戦を回避していただけに最も短いプレータイムの組に入ったのだろうが、このタイミングでの離脱は痛恨の出来事になってしまった。

(残り 1823文字/全文: 2322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ