浦レポ by 浦和フットボール通信

直接対決ならずも、元浦和の永田充と矢島慎也が邂逅【こぼれ話】


(Report by 轡田哲朗)

矢島はすぐにガンバで溶け込んだ様子

浦和レッズの8日のトレーニングは午前のみだったため、午後に同じ沖縄県内で開催されていたガンバ大阪と東京ヴェルディのトレーニングマッチを取材した。

ガンバに移籍した矢島は、3ボランチの一角として90分フル出場していた。今季からガンバはレヴィー・クルピ監督が指揮を執るため、全くのゼロからの競争に身を置いている。昨季が開幕する前にもガンバからはオファーがあり、「レッズとガンバはタイトルを争うライバルなので、ガンバに行ってレッズに戻ってくるのはできないと思った」と、浦和でプレーすることを決断して1年を過ごした。そして、2年越しのオファーを受け、今季からガンバに移籍することを決断していた。

(残り 597文字/全文: 920文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ