浦レポ by 浦和フットボール通信

開幕戦の相手、FC東京の長谷川健太監督と太田宏介選手の話から敵情を探る


(Report by 河合貴子)

敵将、長谷川監督が考える開幕戦のキーポイント

昨シーズンACL優勝の栄光に包まれた浦和だが、今シーズンのACL出場権を失った。今シーズンは、再びアジアの頂点に立つための足がかりを掴む。その大切な1歩が、2018シーズンの開幕戦だ。キッチリと勝ちきり、リーグ戦でのスタートダッシュを懸けたい。その大事な初戦の相手はFC東京だ。

今シーズンからFC東京を率いることになった長谷川健太監督に「お手柔らかに」と声を掛けると、「いえいえ、とんでもないです」と笑顔を浮かべながら話し出したのだ。

「昨年のACLの優勝は、見ていて感動した。素晴らしい闘いをしたと思う。非常に素晴らしい仕事をしてくれた。「Jリーグはどうなんだ?」って言われている中で、浦和が勝ってくれたのは、敵チームではあるが僕は凄く嬉しかった」と素直に浦和のACL優勝を喜んでいた。

(残り 1153文字/全文: 1532文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ