浦レポ by 浦和フットボール通信

図解追加:ルーキー荻原がみせた攻撃のヒント 連戦のために解決すべき後半の戦い方【轡田哲朗ゲームレビュー/ルヴァンカップ第1節名古屋戦】

そして、クロスを入れるが、中と合わず。

(Report by 轡田哲朗)

ルーキー荻原がみせた攻撃のヒント

浦和レッズはルヴァン杯の開幕戦となった名古屋グランパスとのアウェーゲームで、前半のうちに4ゴールを奪って4-1で勝利した。リーグ戦から名古屋は中3日、浦和は中2日という日程だったが、名古屋はスタメン11人が総入れ替え。浦和は約半数になる5人を入れ替えて臨んだ。

注目されたのは、この日がデビュー戦になった荻原拓也だ。この大会では、シーズン終了時点で21歳以下の日本国籍選手を1人スタメンに入れる義務がある。それに該当するのはユース所属の二種登録を除くと橋岡大樹と荻原のみなので、そのうちの1人である荻原にチャンスが舞い込んだ。

(残り 147文字/全文: 2841文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ