サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

互いに不調に苦しむガンバ大阪とカップ戦で激突 槙野「結果で示すだけ」

(Report by 河合貴子)

不調に苦しむガンバとの対戦

アウェイの地でYBCルヴァンカップ名古屋戦とリーグ長崎戦を中2日で闘い、名古屋には4-1と快勝したものの、リーグ戦では3試合未勝利と苦戦中の浦和。連戦が続く中で、ホーム埼玉スタジアムでYBCルヴァンカップG大阪戦を迎える。

カップ戦の名古屋戦では快勝したが、リーグ戦で結果が出ていない浦和はU-21枠を荻原拓也選手を起用しただけで、主力組を投入して背水の陣を敷いて臨んだ。一方、リーグ戦で好調な滑り出しを見せた名古屋は、リーグ戦を視野に入れてU-21枠を3選手も起用し大幅にメンバーを入れ替えて挑んだのだ。快勝はしたが、正直なところ素直に勝利を手放しで喜べない。

浦和と同じくリーグ戦で結果が出てないG大阪は、YBCルヴァンカップ広島戦で弾みをつけようと背水の陣を敷いて主力組で挑んだが、0-4とリーグ戦で好調な広島を相手に大敗。中2日で迎えたリーグ川崎戦でも結果が出ずに苦戦中。今シーズンからチームを率いるレヴィ-・クルピ監督だが、昨シーズン10位で終えた不調を未だに立て直せずにいる現状だ。

(残り 1689文字/全文: 2161文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題