【サッカー人気2位】Jリーグ再開の祝賀ムードに取り残されて…

浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也、不甲斐なさを痛感した埼スタデビュー戦「出来の悪さはショックだった」


(Report by 河合貴子)

試合を振り返り唇を噛みしめる

ずっと憧れていた埼玉スタジアム。そのピッチに立ち躍動し、チームの勝利へと導きたかった荻原拓也選手。

しかし、埼玉スタジアムデビュー戦は、思い描いたのもとは全くかけ離れ、悲惨なものになってしまった。1-4の惨敗から一夜明けても、敗北からの悔しさは拭いきれないものがあった。

荻原選手は「立ち上がりから押し込まれ、失点して試合が難しくなった」と試合を振り返った。

(残り 483文字/全文: 688文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック