浦レポ by 浦和フットボール通信

武富孝介がハードワークを基盤に、チームの再生を試みる狙いとは?


(Report by 河合貴子)

アクセントになる存在に

桜の花も咲き始めた中、代表ウィークによって中断された2週間で浦和に本当の春を呼び込みたい。中断明けとなる磐田戦で、今シーズンのリーグ戦初勝利をまずはつかみ獲りたいところだ。そのために、堀監督が今週の練習で取り組んでいたことは、ポゼッションであった。

そして、そのポゼッションをしていく中で、常にDF裏を狙う動きをみせたり、ドリブルで仕掛けたりしていたのは武富孝介選手であった。

武富選手は「フリーランニングやDFの裏に抜けるのは、自分の特長だ。出し手とのタイミングだが、そこはオフサイドに引っかからないように、しっかりと抜けられればチャンスになる。

(残り 896文字/全文: 1193文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ