【サッカー人気4位】やはり強かった川崎フロンターレ。森重真…

浦レポ by 浦和フットボール通信

李忠成が興梠の相棒に名乗りを上げる 流れを変える起爆剤に


(Report by 河合貴子)

興梠孤立問題解決のために、2トップへ

桜の花が咲きほこり春爛漫の大原練習場で、ゴールに向かい、ひときわ輝く選手がいた。李忠成選手だ。フリーマンを起用した変則的なミニゲームであったが、興梠慎三選手と2トップを組み攻守に渡って躍動していた。

李選手は、「うまい選手はたくさんいるんだけど、勝つんだっていう気持ちだったり、ほんの少しのところが今は足りない。自分が起爆剤になれるような存在にならないと。(磐田戦まで)あと2日ある。2日間で、試合のピッチに出られるような準備とアピールをしていきたい!」と目を爛々と輝かせた。

(残り 1133文字/全文: 1402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック