今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

なんとしても勝ちが欲しい磐田戦 中断中に図ってきた改善点とは


(Report by 河合貴子)

代表による中断を生かして図ってきた改善

勝利の便りをどれだけ待ちわびていることか・・・。浦和レッズは、リーグ戦を2分け2敗として17位と苦しい状況に追い込まれている。

代表ウィークによって中断された2週間を、槙野智章選手をはじめ宇賀神友弥選手、遠藤航選手をA代表で欠き、U-19代表で荻原拓也選手と橋岡大樹選手、そして新加入したばかりのアンドリュー・ナバウト選手もオーストラリア代表に招集され、6人の選手が不在の中でチームの再生を図ることになった。

この2週間でDFラインを高くしてコンパクトにし、攻撃面ではポゼッションを重視、守備面では前からハメ込む守備とブロックを退く守備のメリハリを重視してトレーニングを積んできた。

(残り 1871文字/全文: 2193文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック