サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

山田直輝よ!つかみ獲れ!トップ下のポジションを!


(Report by 河合貴子)

「うまくなりたいという気持ちを忘れないように日々過ごしている」

『ボールは友達』

山田直輝選手のプレーを見ていると、そんな感じがひしひしと伝わってくる。リフティングひとつ取ってみても、ボールがじゃれあう子犬のように見えて、思わず笑みがこぼれてしまう。ボールタッチの柔らかさ、発想の自由さなど、山田選手は身びいきかもしれないが、天下一品である。そんな山田選手がトップ下のポジションに入ったら、いったいどんなゴールを演出してくれるのか、想像するだけでも心が躍る。

山田選手は、待ってました!と言わんばかりに「いつでも試合に出られる準備はしているし、チームのために闘う準備もしているし、自分がうまくなりたい気持ちもずっとある。監督が代わって、3試合終わってリーグ戦も出ていない」とリーグ戦出場を切望していた。

(残り 1038文字/全文: 1400文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題