【サッカー人気4位】戸苅本部長「しっかりと課題解決をして、…

浦レポ by 浦和フットボール通信

長澤和輝がドイツで共にプレーした内田篤人との対戦を心待ちにする


(Report by 河合貴子)

攻守のバランス良いプレーを心掛ける

中盤で運動量豊富に攻守のバランスを取りながら、ピッチで輝く長澤和輝選手。前節の川崎でも相手のパスコースを限定するプレスを掛け、攻守の切り替え早く動き回っていた。連戦で疲れはあるが、この勢いで鹿島に乗り込みしっかりとプレスを掛けて豊富な運動量を魅せつける。

長澤選手は「川崎に関しては、ボランチが低めでボールをもらって配球源だったので、しっかりと止めることが重要だった。鹿島でもマッチアップするので、自分たちが止めないといけないしFWだったらうちのDFが止めないといけないところだ。個人が、しっかりと人にいければ良い」と川崎戦での良い守備を思い出しながら話した。

(残り 898文字/全文: 1208文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ